幸せな人ってどんな人??

前回の記事の続きになります。前回は2020年はとても大切な年になるというお話から、「こういう人は避けた方がいいかも」「こういう人と付き合っていくといい」ということを書かせていただきました。

https://kayo-niimi.world/purification/beginning-of-2020/

その中で幸せな人と付き合うようにすると間違いないかも・・・と書かせていただきました。

幸せな人のベクトルは自分に向く

それは、幸せな人は自分が満たされていて幸せだから、人のことを必要以上に気にしたり執着したりがないから。

矢印が他人でなく自分に向いている状態ということです。なので、他人を攻撃したり足を引っ張ろうとしたり依存したりということも少ないと思います。

自分が満たされているからそんなことに時間を費やす暇もなければ、興味もないことでしょう。人のことばかり考えて時間を費やす時間はとっても非効率だし、エネルギーもとても消耗します。もったいないですね。

では幸せな人とはどんな人なのかを私の見解で述べさせていただきます!!

 

・心が満たされていて余裕がある

・自分自身を信頼することができている

・小さなことにも感謝できる

 

などなど思いつくことは沢山あるのですが、今回は特にこちらを取り上げたいと思います♥*:.。.٩(๑′∀ ‵๑)۶.。.:*♥

「自分のやりたいことに向かってとことん突き進んでいる人」

例えばマイクロスフトのビル・ゲイツ氏。知らない人はいないくらいの方ですね。当初社長であったゲイツ氏は、社員たち以上に血眼になって働き、毎日のように職場の床で寝ていたそうです。

今のMicrosoft社があるのは、ゲイツ氏がただ単に天才だっただけでなく、彼が如何に努力家だったかということがわかるエピソードです。

現在は慈善事業に力を入れられているそうですが、昔はお金儲けに貪欲な野心家だったそうです。

毎日のように職場の床で寝ていたゲイツ氏が当初幸せだったかどうかは本人に聞いてみないとわかりません。しかし、余程の情熱がないとなかなかここまでのことはできるものではないと思います。

 

人がやりたいことに向かって突き進んでいる時というのは生きる情熱に溢れ、周りを気にしている暇もないほどに自分にベクトルを向けている状態だと言えます。

試行錯誤しながら自分の望みに向かって動いている時は人は輝いているし、周りにもその輝きが眩しく映ることでしょう。

 

忘れてはいけないことは、人はどんなに環境に恵まれていても、いくらお金があっても悩む人は悩むし幸せでない人は幸せでない。環境が恵まれていること=幸せではないということ。

 

2020年、毎日慌ただしく過ぎています。流れが早いこの一年をただなんとなく過ごすのではなく自分の目標に近づけるよう過ごしていきたいと思います。

 

皆さんの一年が幸せ溢れる年となりますように!!

 

 

 

 

 

 

Follow me!

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

2月の予定